もう『のら猫』と呼ばないで!

クーちゃんリハビリ開始

足の傷がすっかり治ったところで『クーちゃん』のリハビリを開始しました
f0214028_8585316.jpg


廊下に長いキッチンマットを敷いておもちゃを使って三本足で走る練習を・・・
ピョンピョンと走る姿や寝たまま爪とぎをする仕草はとてもいじらしい
(T_T)/~~~ ガンバレ~
[PR]
# by myu-cat | 2010-02-15 09:15 | 我が家の『クーちゃん』

負傷猫を保護しました

2月2日夜 
右肩を負傷し足を引きずっている猫を保護しました
傷口からは膿がでており前右足は左足の3倍くらいに腫上がり体はガリガリに痩せていました
とても人なつこくまったく警戒心のない仔で飼い猫だったことはすぐに判断がつきました
おそらく生後5ヶ月くらいだと思います
とても痛々しく私は涙がとまりませんでした
f0214028_14105188.jpg


2月3日 
病院に連れて行きました
傷口は直径3センチくらいの大きな穴があいており
「おそらく犬にかまれたのだろう」という事でした
傷口を丁寧に消毒してもらい膿の出口を残し4針ほど縫って化膿止めの注射をしました
抗生物質の飲み薬でしばらく様子をみることに・・・
幸い食欲はあったので食事に薬をまぜて与えることができました
f0214028_1431288.jpg


2月5日
足の腫れが大きくなり、便が出ないのも心配で私はあせって病院に電話をしました
「中で固まっていた膿が溶け出すので腫上がってきたのでしょう。便はしばらく食事を
してなかった場合出るまでに2.3日はかかります」という事でした

2月6日
足の腫れがなかなか引かずへんな息遣いをしている
不安になり同じボランティアの人に来てもらい症状をみてもらいました
そして一言「大丈夫だよ」
へっ!いままでたくさんの負傷猫や難病の猫をみてきた方からすると軽症の部類なのか~
へんな息遣いは風邪によるものらしい
私の不安は一気に吹き飛んだ
そしてその夜はじめてのウ◎チが出ました!ごりっぱ(>_<)

2月8日
再診のため病院に連れて行きました
レントゲンをとったところ足の骨折はないということでした
ただ、猫の肩甲骨?らしきものがズレてしまっているらしい
「普通に歩けるようになるのはむずかしいでしょう」との診断が・・・
とりあえず足の腫れと風邪を治すのが優先ということで薬を追加して処方してもらいました

2月10日
少し腫れが引いてきました
それにしてもすごい食欲!
命名『QOO(クー)ちゃん』

保護したばかりは1.7kgだった体重が2.4kgに・・・ 
ぽっこりお腹になってきた 私に似てきてしまったのだろうか?^_^;

なぜかこの仔はお腹がすくと私の鼻をかじるのです
とにかく人間にくっついているときはとても幸せそうな顔をしています
f0214028_1517194.jpg


2月13日
足の腫れがすっかり引き、傷口もふさがりました(*^。^*)
ところが!ん? ノミ発見
再度病院へ
駆虫薬とノミ駆除の治療をしました
フ~~ クーちゃんにはいろいろ勉強させられます

今後のくーちゃんの様子につきましては定期的に更新してまいりますので
カテゴリ『保護猫』でご覧くださいね

[PR]
# by myu-cat | 2010-02-14 15:36 | 我が家の『クーちゃん』

びーちゃん地域に帰りました

避妊手術後しばらく我が家でリハビリをしていた『びーちゃん』を

みみこファミリーのもとへ帰しました

10日ぶりに帰るびーちゃんは大丈夫だろうか・・・という

こちらの心配は無用でした

籠から出たらすぐにみんなと遊びだしました

ちょっと・・・せつない(ToT)/~~~

f0214028_23503775.jpg

[PR]
# by myu-cat | 2010-02-13 23:56 | 今日のみみこファミリー

地域猫活動のきっかけ

『みみこ』との出会いは2008年秋


私たち夫婦が福岡県に移り住み大野城市のアパートに引っ越してきて約半年がたったころです
私が仕事からの帰りに偶然会ったその猫ちゃんはとても野良猫とは思えませんでした
まだ子供でしたがとても美人さんでした

ある日その猫ちゃんにご飯をあげている餌やりさんに会い野良猫であることを知りました
その後、仕事帰りに時々会うその猫ちゃんに『みみこ』と名前を勝手につけて
おやつをあげていたのです

『みみこ』妊娠そして出産
そして出会いから半年が過ぎたころ『みみこ』が妊娠していることに気がつきました!
(まだ子供だと思っていたのに・・・)
みるみるお腹は大きくなって2009年4月に子猫を6匹生みました
(とある家の屋根裏で生んだそうです)

それから約2ヵ月後『みみこ』といっしょに餌やりさんからご飯をもらっている仔猫たち
に初めて会ったのです
仔猫たちはすでにカリカリのご飯を食べるようになっていましたが、まだ『みみこ』の
おっぱいをねだって飲んでいました
f0214028_12522927.jpg

f0214028_13304079.jpg


シャム系が3匹 三毛が2匹 サビが1匹 その中に牡猫はシャム系の1匹のみでした
近くの空き家を拠点とし『みみこファミリー』は生活をしていました
このころから私は定期的に猫たちにご飯をあげるようになりました

私は里親を募集しようとインターネットで調べて掲載してもらえるよう何件か連絡をしてみた
のですが、保護をしていない野良猫の里親募集はできないという返事が返ってきました
アパートはペット禁止なので仔猫とはいえ6匹も保護することは無理でした

私はこの仔たちの里親を希望してくれる方が現れることを願い、仔猫の体を拭きブラシをかけたり、耳掃除をしたり、のみとり粉をつけたり・・・といつでもきれいに見えるようにしていました
また、必要以上に人間におびえないように猫じゃらしで遊んだりも・・・

そして通りがかりの方に里親のお願いをしたりしましたが「かわいいね~」と言ってはくれても、里親となっていただくことはできませんでした
そうこうしている間仔猫たちはスクスク成長して行きました

『みみこ』再び妊娠!そして出産
2009年夏も終わったころまさか!と思いました
だってまだ『みみこ』のおっぱいは出ていたし出産して4ヶ月なのに・・・
私は猫が年に2.3回も出産をすることを知らなかったのです
避妊手術の必要性は感じていましたがまさかこんなに早く妊娠するなんて!
自分の飼い猫ではないけれどとても責任を感じました

そして横に大きく膨らんだ『みみこ』のお腹は10月に入った頃ペッタンコに
「生まれた」
仔猫たちのすがたを見ることはできませんでしたが『みみこ』のおっぱいの様子で仔猫たちの存在を感じていました

仔猫がいなくなった!
ところが出産から数週間程たった頃『みみこ』のおっぱいに異変が!
パンパンに張ったおっぱいは熱を持ちお乳が溢れていました
私は「仔猫がいなくなった」と直感しました

それから毎晩「ごめんね ごめんね 守ってあげられなくて」と泣きながら『みみこ』のおっぱいを冷やしてあげました
私がもっと早く行動を起こしていれば不幸な命は生まれずに済んだのです
せめて残された猫たちは守らなくては・・・
そう思いそれから間もなく『みみこ』の避妊手術をし地域猫としてご近所の方にみとめてもらおうと私は活動を始めました
ちょうどその頃『ねこともの会』の存在を知り会員となりました

『不幸な命が生まれませんように』
そして猫たちが
『野良猫という代名詞で呼ばれることがなくなりますように』
そう願って私は地域猫活動をして行こうと思います
[PR]
# by myu-cat | 2010-02-12 13:35 | 地域猫紹介

ブログ開設しました!

初ブログを開設しました。

ブログ初心者です。なにとぞよろしくお願いしますm(__)m

説明を読んでもわからない単語が・・・ あせりまくり・・・
[PR]
# by myu-cat | 2010-02-12 10:09



のら猫から地域猫となった7匹の親子『みみこファミリー』について綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧