もう『のら猫』と呼ばないで!

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

保護猫たちは・・・

今日は保護猫たちの様子をお伝えします

私たち夫婦がアメリカに行っている間は、お友達会員の『Tさん』が我が家に泊まり込みで3匹の猫たちの世話をしてくれました。
(いつもTさんには甘えてしまってスミマセン)

一度は貰われて行った保護猫親仔『マミ&ぴっぴ』は3日で我が家に戻ってきましたが、今はこんな感じで相変わらずの仲好し親仔です
(ちび猫はいまだにおっぱいを吸っています)
f0214028_23175565.jpg

ちび猫『ぴっぴちゃん』は我が家の『クーちゃん』が大好きみたいです
f0214028_2325231.jpg

3匹そろってマッタリタイム
f0214028_23282381.jpg

と思っていたら『クーちゃん』はちび猫『ぴっぴちゃん』に容赦ないザリザリ攻撃( ゚д゚ )
f0214028_233129.jpg
 
『クーちゃん』足で『ぴっぴちゃん』を押さえつけてザリザリと舐めまわします
f0214028_23335617.jpg

・・・アレ? いつの間にか・・・
どちらも熟睡してしまいました
f0214028_23362364.jpg

『ぴっぴちゃん』の寝顔 キャワイイ❤
f0214028_23381779.jpg



そして、その後の『マグロくん』ですが、
なんと一足早く幸せをつかみとりました
f0214028_23442924.jpg

会員Mさんのお友達が一時預かりをしてくれていましたが、息子さんに気に入られそのまま婿入りとあいなりました(^_-)-☆
ストーブの前で布団を掛けてもらうなんて、二重の幸せだわね!
f0214028_23453746.jpg

ずっとずっ~と幸せに暮らしてね!

『マグロくん』を応援してくださった皆様、ありがとうございました((´∀`*))☆
[PR]
by myu-cat | 2011-02-22 00:21 | ねこともの会

カリフォルニアSPCAを訪ねて

先週からカリフォルニアに行っており更新が遅れ申し訳ありませんでした


主人の出張ついでに私もついて行くことになったのですが、ロスに3日滞在した後サンフランシスコ近郊に私の古くからの友人がいるため飛行機で移動

そして必ず訪れたいと思っていた『SPCA(動物虐待防止協会)と呼ばれる組織』が運営するアダプションセンターへ(譲渡センター)連れて行ってもらいました
(SPCAは先進国アメリカ・カナダ・フランス・イギリス・オーストラリアなどにあたりまえのように存在している100%寄付で設立され運営されている施設)


それは静かな牧場の中に建てられているような感じで存在していました
外からみても立派な建物で廻りもきれいにメンテナンスされていました
f0214028_1232718.jpg

受付を通って中に入ると!なんとも素敵
廊下はまるで美術館のよう
f0214028_12133216.jpg

そしてそこには沢山の部屋が存在していました
f0214028_12175989.jpg

その部屋の中にはのんびりと生活する猫の姿がありました
(広く割り振られた各部屋の中には3~4匹の猫が生活しています)
f0214028_12205111.jpg

ここで生活する猫たちはすべて新しい飼い主様が現れるのを待っているのです
(飼い主があらわれないからといって処分されることはありません)
f0214028_12244681.jpg

部屋のガラスには猫の性別や特徴・性格・健康状態などが書かれた紙が貼られていました
オレンジの紙は病気やケガをした経歴をもつ猫ということでした
f0214028_12295481.jpg

対応してくれた方は毎週末ボランティアでここにくるそうです
(とっても美人で主人はとてもうれしそうでした)
f0214028_12342115.jpg

希望される方と面談し、その仔とコミュニケーション(触ったり遊んだり)できる部屋もあります
(すみません画像を撮り忘れていました)

館内には医療設備もあり、週2回獣医師がおとずれ保護されている動物たちの健康チェックや予防注射そして避妊・去勢手術などもおこなうのです
(他のSPCAでは常時医師がいるところもあります)
一般の人も申し込みがあれば利用可だそうです
f0214028_12482845.jpg


動物との共生を子供たちや希望者に学習させる教育設備もあります
f0214028_12503123.jpg

ぬいぐるみを使って実習させたりビデオなどを見せたりもするのだそうです
f0214028_12522910.jpg


廊下の掲示板には一般の方の『譲渡先を探しています』『行方不明となった犬・猫を探してください』などのチラシが貼られていました
f0214028_1314046.jpg

中には「懸賞金を支払います」というのもありました
f0214028_133463.jpg

施設の運営資金に役立てるためTシャツなどの販売をおこない協力を呼び掛けていました
f0214028_1312044.jpg


ほんとにすばらしい施設でした
なんといっても100%募金から成り立っているということに・・・
ただ、資金さえあればいいというものではなく、ボランティア団体、動物病院、一般企業との協力、そして命の大切さを伝える学校教育や一般市民への働きかけ、法律の整備などが同時に進んで行かなければ成り立たちません。
日本でこういった施設が各地に存在し、そして民間の意識に定着するまでの道のりは・・・


こちらのボランティアの方は「アメリカでも『NO-KILL(殺処分ゼロ)』となるのにはまだまだ厳しい状況です。この施設にこれた猫たちは幸せでしょう。もっともっと沢山の命を救いたい。少しでも私のしていることが動物たちの役に立つのであれば・・・」と少し辛そうに話してくれました。

実際、この施設のとなりにはシェルターと呼ばれるもっと大きな建物がたっており、そこは日本の愛護センターのようなもので譲渡も行っていますが、安楽死であるものの殺処分も行われているのです
私は・・・とてもそこを訪問する気にはなれませんでした


アメリカでは犬や猫を飼いたい人はこういった施設または各地で開催される譲渡会で譲り受けるというのが当たり前に民間に定着しています。
ペットショップ
めぐりの様子です
f0214028_13565748.jpg

私が行った、アメリカ大手のペットショップチェーン『PETCO』では毎週末必ず
犬・または猫の譲渡会が行われています
この日は民間のボランティア団体がスペースを借りて猫の譲渡会を行っていました
f0214028_1359072.jpg

アメリカのほとんどのペットショップでは犬や猫を販売していません
これもno-killへの取り組みなのでしょう
f0214028_143359.jpg

この猫たちはすべて事故や病気、虐待などにより体や心に傷を負った経験のある猫ばかりでした。
殺処分対象となっていた猫たちをボランティアの方たちが引き取ったそうです。
日本では敬遠されがちですが、そういった猫でも普通に貰われていくのです。
シャム系のおとなしいこの猫ちゃんは眼球が片方ありませんでした。
f0214028_148344.jpg


こちらのペットショップでは犬の譲渡会が行われていました
f0214028_14175217.jpg

たくさんの親子が犬を見に来ていました
f0214028_14203017.jpg

この女の子は「毎週ここに来ていろんな犬に会えるのが楽しみ」と言っていました
f0214028_14222340.jpg


ペットショップには必ず募金箱がおかれています
f0214028_14234517.jpg

こんなユニークな募金箱もありました
犬の口の部分からコインをいれるとクルクル チャリン!とお腹の中に入ります
f0214028_14264026.jpg
お店の人は「ムシャムシャと札を食べるのをつくるともっと募金が増えるのにね」とジョークを言っていました

ブログではなかなか伝えきれない事も沢山ありますが、今回のアメリカは大変充実していました。
(・・年前に行った時はワイナリーで大酔っぱらいしたことと、フィッシャーマンズワーフのクラムチャウダーが美味かったことくらいしか覚えていませんでしたが・・・)


日本に帰ってきて、「私にはいったい何ができるのだろう」
などと考えましたが、『今、私にできること』をするしかありません

残酷な『殺処分』
人間の身勝手で動物の命を奪うことはあってはなりません
『殺処分ゼロ』にするには不幸な命を増やさない=不妊・去勢の徹底


猫たちが『野良猫』と代名詞で呼ばれるのではなく、名前で呼ばれる世の中になります様に・・・
[PR]
by myu-cat | 2011-02-20 15:15 | ねこともの会

少し残念なおしらせ

いろいろあり更新ができずにおりました。

私のブログに遊びに来てくださった方々本当に申し訳ありませんでした。



先週金曜日に保護猫親子『マミちゃん』&『ぴっぴちゃん』を新しい飼い主様のもとへ2時間半の道のりを主人と一緒にお届けに行きました。



ところがお届けから三日が経った昨日、先方の都合により猫たちを引き取りに行って参りました。

詳しい内容については掲載を控えさせて頂きますが、長距離を運転してくださった『ねことも会員Mさん』と猫たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


いいご縁が訪れるまでまた我が家で一緒だよ❤

いっしょに貰われる予定だった『マグロくん』は当日体調を壊してしまい、現在はMさんの友人宅で療養中です。
(現在はすっかり体調も取り戻したそうです)


次回の更新は私の都合により2月16日以降となります
[PR]
by myu-cat | 2011-02-09 02:09 | ねこともの会

うれしいお知らせ❤

我が家にやってきた新人『まぐろくん』の昨日の様子からです

『まぐろくん』男の子なのに主人にベッタリ
スリスリしながらブーコブーコとのどを鳴らして・・・ 
(なぜ主人は猫たちに好かれるの???)
f0214028_14115843.jpg

私が『まぐろくん』をナデナデ・・・
ケリッケリケリ
ガブッ ガブガブ
f0214028_14204350.jpg
はやくもナメラレテル(´・ェ・`)

あたり前のようにみんなと食事をし
(ママ猫『マミちゃん』は就寝中)
f0214028_14445814.jpg

あたり前のようにトイレに入り
f0214028_1448247.jpg

あたり前のようにタワーでくつろぎ
f0214028_154651.jpg

そして寝る ZZZ
f0214028_14531556.jpg

近くで猫たちがバタバタと遊んでいても・・・ ZZZ
f0214028_15143775.jpg



うれしいお知らせです

保護猫たちの新しい飼い主様が(仮)決まりました\(^o^)/
(まだお届けに行っていないので(仮)です)

少し前から保護猫親仔(マミ&ぴっぴ)を希望してくださっていました。
そしてなんと!『まぐろくん』も一緒に家族として迎えてくださることに❤
ワンダホーo(*>▽<*)o
(私はきちんとした英語が使えない人です)

明日、お届け予定です


今日はこの仔たちと過ごす最後の夜です
f0214028_1533463.jpg

・・・やはり・・・込み上げてきます


応援してくださったみなさまへのお礼はうれしいご報告とともに後日とさせて頂きます
[PR]
by myu-cat | 2011-02-03 15:53 | ねこともの会

またまた我が家にやってきた(=^・^=)

本日、またまた我が家にお預かり猫ちゃんがやってきました。
名前は『まぐろくん』白キジ 男の子2歳です。

無責任な飼い主から見放されてしまった猫です
この寒空の下で家にも入れてもらえず、ご飯も与えてもらえなかったそうです。
許せません

お前も外で生活しろ!メシも食うな!!

見るに見かねたご近所の方が面倒を見ていたところを『ねことも会員のMさん』に保護されました。
元の飼い主には飼育放棄ということで話をし新しい飼い主様を探すことに・・・

我が家に到着
いつものように我が家の『クーちゃん』興味津津です
f0214028_1733847.jpg

あまりにも『クーちゃん』が クンカ クンカ
と臭いを嗅ぎまくるので『まぐろくん』から
一発パンチをくらいました ((( ;゚Д゚)))アレ~
保護ママ猫の『マミちゃん』も興味津津でクンカクンカ
f0214028_1736319.jpg

それでも、どの猫も"シャー"(威嚇)しませんでした
保護ちび猫『ぴっぴちゃん』も"チャー"しなくていい仔だね~
f0214028_18183127.jpg

あまりにも自然・・・
f0214028_1811157.jpg

とても自然・・・
f0214028_18145230.jpg

ずっと前からそこにいたような・・・
f0214028_18221050.jpg


とても人懐こくゴロゴロスリスリとても甘えん坊です
飼い主に見放されてもそれでもまだ人間を信じています
シャンプーをしてもらっても取れない足の汚れ、
そしてゴツゴツした肉球に触れたとき私は涙がでました
f0214028_18381295.jpg

ゆっくりおやすみ ZZZ
君の幸せはすぐそこだよ❤
f0214028_18551387.jpg




ところで、今日は何の日?ヾ(*'∀`*)ノ

そう今日は私の

誕生日 

お誕生日
 
もう誕生日

ご主人様が手ぶらで帰って来ないことだけをひたすら祈る アーメン
[PR]
by myu-cat | 2011-02-01 19:04 | ねこともの会



のら猫から地域猫となった7匹の親子『みみこファミリー』について綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧